みんなでつくる中国山地

みんなでつくる中国山地Back

10.17 UP

書籍購入

会員について

「みんなでつくる中国山地百年会議」は、一人ひとりの暮らしや地域の課題にともに向き合い、持続可能な地域づくりを目指して知識・知恵・経験を融合させるためのコミュニケーションを充実させるための開かれたプラットフォームです。詳しい募集要項はこちらをご確認ください。

2020年に創刊した年刊誌『みんなでつくる中国山地』は、今後100年間毎年発行を目指します。活動趣旨にご賛同いただける方、地域の未来をともに考え、活動する書籍003号(2022年度)会員登録を募集します。創刊号や002号からの引き続きの参加はもちろん、新たな仲間のご登録を、心よりお待ちしています。入会はこちらから。

主な会員特典

①今秋発行の003号(2022年10月発行予定)にお名前を掲載します

②会員限定イベントの「市」に無料で参加できます

③書き手としての関わりを持てます

④「中国山地カレンダー」が会員価格で購入できます

会員について

活動趣旨に賛同いただき、会費(※1)を納入した方が会員となります。総会(※2)での議決権を有します。書籍の書き手になれるほか、会員同士のつながりづくり、この活動の輪づくり等に直接的に関わりを持ちます。

※1会費は4月1日から翌年3月31日までの年度でお預かりします。年度内にいつ入っても金額は同じです(日割りは行いません)
※2年次総会を5月21日(土)にオンラインで開催します(総会参加資格は5月11日(水)までに入金が確認できた方になります)

会費

*会費は「運営費」と「書籍代(003号を1冊以上)」の合計金額です。会員になる方には、2022年10月発行予定の003号を1冊以上ご注文いただきます入会時に必要な冊数を申告ください。学生の会費は無料で、書籍代のみとなります。詳しくはこちらをご確認ください。

会員の皆さんにお願いしたいこと

*総会へのご出席
2022年5月21日(土)に開催するオンライン総会にご出席いただきます。今回は、年度の活動報告と、当該年度の活動、出版事業の特集について報告を行います。また、会員同士のつながりづくりや新しい発想が生まれる企画への参加をお願いします。(ご参加いただけない場合、委任状の提出をお願いします)

*ご自身の地域や活動の紹介
地域での活動を紹介しあう “ノロシカード”の記入をお願いします(会員更新後に予定)。その情報は、会員同士相互に見ることができ、互いの情報交換やつながりづくりに活用いただけるようにします。また、誰が会員かお互いにわかるように、会員一覧(お名前と居住地)は名簿にして会員内限定で共有をします。

*『みんなでつくる中国山地』を創り拡げる取り組み
私たちの活動に共感できる書店やコミュニティスペース、イベント、学校図書館などで手に取ってもらえる機会をともに作っていきたいと考えています。また、「中国山地ラジオ(インターネットラジオ)」やSNS(note/Instagram/Facebook)でも、最新の情報や会員の活動を随時公開していく予定です。

*『みんなでつくる中国山地』のを通じたつながりづくり
私たちの活動は、百年先を見据える視座を持ち続けながら、中国山地の今を年刊誌として記録する活動を心柱とし、“地元”から世界を創り直す取り組みを、読者や会員とともに“みんなでつくる”プロジェクトです。

今年度の大きな活動の軸は、次の5つです。

「みんなでつくる中国山地百年会議」
入会はこちらから